整体師になるためには

無資格でもなれる?なれない?

 

「整体師になるためには、資格は何が必要なの?」

 

・・・という人は、かなりたくさんいます。

 

しかし、整体師になるには、資格を取得する必要はありません。
無資格でもなれるのが、整体師なのです。

 

イメージがどうしても先行してしまい、誤解されがちなのですが、
資格や免許が必要なのは、以下のような職業です。

 

柔道整復師
あん摩マッサージ指圧師
鍼灸師

 

上記の3つは、いずれも国家資格となっています。

 

基本的に、3年制の養成学校を卒業する必要があり、
総額として約400〜500万円程度の費用が必要になります。

 

上記の3つとはちがい、無免許でもできるのが、
カイロプラクターや整体師になります。

 

一般的にはかなり混同されているのですが、こういったちがいがあります。
整体師を目指す場合にはしっかりと理解しておきましょう。

 

なお、無免許でもできるとはいえ、すこしかじった程度の知識や技術で
就職や独立ができるほど甘くはありません。

 

そのため、いずれにせよ専門学校やスクールで、
講師の直接指導のもと技術を身につける必要があります。

 

法律上は、誰でも職業選択の自由として、
整体師の業務を行うことが認められています。

 

つまり、極論をいうと、1日本を読んだだけで、
翌日から開業することもできてしまうわけです。

 

無免許でもできる職業であるがゆえ、質に関しては本当にピンキリです。

 

たとえば、柔道整復師やマッサージ師として仕事をしている人の話では、
他院の下手な整体師の施術を受けてしまって、
症状が悪化してしまっている患者さんに多く出くわすようです。

 

やはり、街中を歩いていると、
とても安い価格でマッサージが受けられるような治療院に出くわしますが、
施術を行っているのはそういった未熟な人である可能性が高いでしょう。

 

長期的にはたらくためには、
患者さんをきちんと喜ばせるだけの技術力が必要です。

 

「無資格でもできるからいいや」ではなく、
最低限の技術を身につけておくことが、自分の身を守る上でも重要な事です。

 

そのため、専門学校・スクールに通学し、
実務経験豊富な講師に直接指導してもらうことが大切です。